国東市 多重債務 弁護士 司法書士

国東市に住んでいる人がお金や借金の相談するなら?

借金の利子が高い

自分1人だけではどうすることもできないのが、借金返済・多重債務の問題です。
金額がどんどん多くなってしまい、金利を払うのがやっと。
借金返済の問題は、一人で悩んでいても解決するのは難しいものです。
国東市にお住まいの人も、まずインターネットの無料相談で、司法書士や弁護士に相談してみては?
いきなり事務所に出かけて直接相談するよりも、インターネットの無料相談の方が、気後れなく相談できるのではないでしょうか。
もちろん、国東市の方でもOKな法律事務所・法務事務所をここでは紹介しています。
一人で悩むより、まず弁護士や司法書士に相談することが、借金解決への近道です。

借金や多重債務の相談を国東市在住の方がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

国東市の借金返済・債務問題の相談なら、ここがお勧め。
弁護士対応で、しかも全国に対応している法律事務所です。
初期費用が0円なので、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
費用の支払は、分割払いでもOK。
弁護士への相談料金はもちろん0円!
借金の取り立てをストップするのも可能。
過払い金、自己破産、個人再生、任意整理、など、借金・債務について相談することができます。
しかも、無料相談窓口では24時間365日、いつでも受け付けてくれます。
フリーダイヤル(通話料金0円)で相談受付することができるので、お金に悩んでいる人も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国対応の、借金問題が相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたにピッタリのやり方で、どうにもならない借金問題を解決に導きます。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円、取り戻した過払い金から支払できます。
任意整理も、和解成功報酬・減額報酬などは一切取らないので、おトクに解決することができます。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口もあるので、女性の人でも安心です。
まずはお気軽に無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ココも全国対応の司法書士事務所なので国東市にお住まいの人も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の料金は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場に知られないよう配慮も徹底してくれます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まないで、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



国東市近くにある他の法律事務所・法務事務所紹介

他にも国東市には弁護士や司法書士の事務所があります。参考にしてみてください。


●マルタ司法書士事務所
大分県国東市国東町田深1196-1
0978-72-2312
http://maruta77.web.fc2.com

●武部洋史司法書士事務所
大分県国東市国東町鶴川1839-5田中ビル1F
0978-73-2088

地元国東市の弁護士・司法書士の事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ただ、インターネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気後れせずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

借金返済に国東市に住んでいて参っている状況

クレジットカードのリボ払いやキャッシング会社等は、金利が尋常ではなく高いです。
15%〜20%も利子を払わなければなりません。
住宅ローンの場合0.6%〜4%(年)ぐらい、車のローンも1.2%〜5%(年間)ぐらいですから、その差は歴然です。
そのうえ、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに金利を設定するような金融業者だと、利子が0.29などの高利な利子を取っていることもあります。
尋常ではなく高利な金利を払い、そして借金はどんどん増える。
借金をしたのは自己責任なので仕方ないのですが、額が多くて高い利子という状態では、なかなか返済は難しいでしょう。
どうやって返済すればいいのか、もうなんにも思いつかないのなら、法務事務所・法律事務所に相談してみてはいかがでしょう。
弁護士・司法書士なら、借金を返す解決策を考え出してくれるはずです。
長期の返済計画になるかもしれないですし、過払い金を請求して返さなければいけない金額が減額するのかもしれません。
まず相談する、これが解決するための始めの一歩です。

国東市/債務整理のデメリットとは|多重債務

債務整理にも沢山の進め方があり、任意で闇金業者と話し合いをする任意整理と、裁判所を通す法的整理である自己破産若しくは個人再生などの類があります。
ではこれらの手続につきどういう債務整理デメリットがあるのでしょうか。
これ等の三つに共通していえる債務整理のデメリットというのは、信用情報にその手続をした旨が掲載されてしまう事ですね。いうなればブラックリストという状態です。
だとすると、ほぼ五年から七年程度、カードがつくれずまたは借り入れが出来ない状態になります。とはいえ、あなたは支払額に苦しんだ末にこれらの手続を行うわけですので、もうちょっとだけは借入れしない方がよいのではないでしょうか。
クレジットカード依存に陥っている人は、むしろ借入が出来ない状態なる事により出来ない状態になることで助かるのじゃないかと思われます。
次に自己破産又は個人再生の債務整理の不利な点ですが、官報にこれらの手続をやった事実が記載されてしまうという点が挙げられるでしょう。だけど、貴方は官報等見た事が有るでしょうか。むしろ、「官報とはどんな物」といった人の方が多数ではないでしょうか。
現に、官報は国が発行する新聞の様なものですが、やみ金業者等々の極一定の人しか見てないのです。だから、「破産の実態がご近所の人々に知れ渡った」などといった心配事はまず絶対にありません。
最後に、破産独特の債務整理デメリットですが、一辺破産すると七年間、再び破産はできません。これは留意して、2度と破産しなくてもいいようにしましょう。

国東市|個人再生って、弁護士と司法書士、どちらに依頼する?/多重債務

個人再生をおこなう時には、弁護士もしくは司法書士に相談することが出来るのです。
まず、司法書士に個人再生の手続を頼んだときは、書類作成代理人として手続きを進めてもらうことができるのです。
手続きをおこなうときに、専門的な書類をつくってから裁判所に提出することになるでしょうが、この手続を任せるということが出来ますので、面倒な手続をする必要がないのです。
但し、司法書士の場合は、手続の代行処理は可能なんですけれども、代理人では無い為に裁判所に行ったときに本人に代わり裁判官に受け答えが出来ません。
手続きを行う中で、裁判官からの質問を投掛けられた時、ご自身で答えなければいけません。
一方、弁護士の場合だと、書類の代行手続だけでなく、裁判所に出向いたときには本人にかわり回答を行っていただくことが可能なのです。
弁護士は、個人再生を初めとする債務整理手続きに精通している状態になるので、質問にも的確に答えることができ手続きが順調にできる様になってきます。
司法書士でも手続きをする事は可能なのですが、個人再生については面倒を感じるような事無く手続きをしたいときには、弁護士にお願いをしておいた方が安心することができるでしょう。

関連するページ