横浜市 多重債務 弁護士 司法書士

横浜市に住んでいる人が借金返済について相談をするならコチラ!

借金返済の悩み

借金の金額が増えすぎて返済が厳しい…。
多重債務で首が回らないので、債務整理したい…。
もしもそう思っているなら、できる限り早く司法書士・弁護士に相談しましょう。
弁護士や司法書士が提案してくれる解決策で、返済金額が減ったり、督促が止まったり、等という様々なメリットを受けられる可能性があります。
昨今ではインターネットで無料相談できる法務事務所・法律事務所も数多くあります。
ここでは、それらの中で横浜市に対応している、おすすめの所を厳選して紹介しています。
また、横浜市にある他の法務事務所・法律事務所もピックアップしているので、そちらも参考にしてください。
借金問題は、一人ではなかなか解決できません。
弁護士や司法書士の知識・知恵を借りて、解決の道を見つけましょう!

横浜市の方が借金・多重債務の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

横浜市の借金返済や多重債務の悩み相談なら、ここがおすすめ。
弁護士対応で、しかも全国対応の弁護士事務所。
初期費用が0円だから、手持ちがなくても安心です。
料金の支払いは、分割払いでもOKです。
弁護士への相談料金ももちろん0円!
借金の督促をストップするのも可能。
過払い金、任意整理、自己破産、個人再生、など、借金のことを無料で相談できます。。
しかも、相談窓口では24時間365日、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(電話代金無料)で相談受付できるので、借金返済で悩んでいる人も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、借金や債務の悩みが相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分に適した方法で、どうしようもないほどの借金問題を解決していきます。
それと、過払い金の請求は初期費用0円、戻ってきた過払い金から費用を支払えます。
任意整理も、和解成功報酬・減額報酬などを一切取らないため、安く解決が可能です。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性でも安心して相談できます。
まずはお気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ココも全国対応の司法書士事務所なので横浜市にお住まいの人も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
職場や家族にバレないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、1人で悩まず、まずは無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



横浜市周辺の他の弁護士や司法書士の事務所の紹介

他にも横浜市には法務事務所や法律事務所があります。これらも参考にしてください。


●弁護士法人泉総合法律事務所横浜支店
神奈川県横浜市西区南幸2丁目20-2共栄ビル6階
045-312-1488
http://springs-law-yokohama.com

●横浜セントラル法律事務所
神奈川県横浜市西区北幸1丁目11-15
045-324-0433
http://yc-law.jp
弁護士会交通事故個人再生債務整理倒産

●シティ横浜法律事務所
神奈川県横浜市中区常盤町1丁目1宮下ビル6階
045-651-9635
http://city-yokohama.jp

●みなとみらい労働法務事務所
神奈川県横浜市中区住吉町2丁目22松栄関内ビル6F
045-662-6505
http://mmrodo.jp

●横浜中央法務事務所(司法書士法人)
神奈川県横浜市中区本町5丁目49
045-212-1358

●横浜横須賀法律事務所
神奈川県横浜市西区北幸2丁目10-39日総第5ビル10階
045-620-4195
http://yokoyoko-law.com

●横浜弁護士会
神奈川県横浜市中区日本大通9横浜弁護士会館2F
045-201-1881
http://yokoben.or.jp

●あおば横浜法律事務所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央23-11OSセンター南ビル8F
045-949-5552
http://aoba-yokohama.com

●堀尾法務事務所
神奈川県横浜市中区常盤町ニ丁目12番地ウエルス関内4階
0120-151-745
http://saimuseiri-horio.com

●横浜都筑法律事務所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央42-21第2佐藤ビル304
045-350-8424
http://tsuzuki-law.jp

●司法書士法人長津田総合法務事務所
神奈川県横浜市長津田5丁目1番13号
045-988-0157
http://nagatsuta-jutakuloan.com

●横浜パーク法律事務所
神奈川県横浜市中区山下町207関内JSビル8F
045-226-2531
http://yokohama-park-law.com

地元横浜市の弁護士・司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ただ、「診断シミュレーター」やインターネットでの無料相談の方が、気負わずに相談できる方も多いのではないでしょうか。

多重債務に横浜市で参っている人

借金があまりにも増えすぎてしまうと、自分ひとりで完済するのは困難な状況に陥ってしまいます。
コチラでも借り、アチラでも借り、多重債務で借入金がどんどん多くなると、もう月々の返済ですら苦しい…。
1人で返済するぞと思っても、どうしようもないことはどうしようもありません。
親や親類などに頼れればいいのですが、結婚していて家族には知られたくない、と思っているなら、さらにやっかいでしょう。
そんな時はやはり、弁護士や司法書士に相談するしかありません。
借金・お金の問題を解決するための知恵や方法をひねりだしてくれるでしょう。
月ごとに返すお金を大幅に減らしてもらい、長期で返済したり、過払い金を返還してもらい、返済金額を減らしてもらったり、などです。
どうにもならない状態なら司法書士・弁護士に相談してみませんか。

横浜市/任意整理にはどんなデメリットがある?|多重債務

借金の支払いをするのがどうしても出来なくなった場合には一刻も早急に対策を練りましょう。
ほって置くともっと金利はましていきますし、片が付くのはより出来なくなるだろうと予想できます。
借り入れの返却がきつくなったときは債務整理がとかくされるが、任意整理もまたとかく選択される手口の1つだと思います。
任意整理の時は、自己破産のように大事な財産をそのまま保持しながら、借り入れの縮減ができるのです。
そして職業や資格の制限も無いのです。
長所が沢山ある手段とは言えますが、逆に不利な点もありますから、不利な点に関しても今1度考えていきましょう。
任意整理のデメリットとしてですが、まず初めに借り入れが全部チャラになるというわけではない事はしっかり理解しておきましょう。
減額をされた借金はおよそ三年程度で全額返済を目途にするので、きちっと返済構想を作る必要があります。
あと、任意整理は裁判所を通さなくて債権者と直に交渉する事が可能ですが、法令の認識のない素人じゃ上手に交渉が出来ない時もあります。
さらにはハンデとしては、任意整理をした際はそれ等のデータが信用情報に記載されることとなり、世にいうブラック・リストというような状態に陥るのです。
その結果任意整理を行ったあとはおよそ5年〜7年位の期間は新規に借入を行ったり、ローンカードを新たに作ることは難しくなります。

横浜市|自己破産に潜むリスクとは?/多重債務

はっきり言えば世間一般で言われるほど自己破産のリスクは少ないのです。高価な車や土地やマイホーム等高値の物件は処分されるが、生活するうえで必ずいるものは処分されません。
また20万円以下の貯蓄は持っていても大丈夫です。それと当面の間の数箇月分の生活するうえで必要な費用100万円未満ならば没収されることは無いでしょう。
官報に破産者のリストとして掲載されますがこれも極特定の方しか見てないでしょう。
又いわゆるブラック・リストに掲載され7年間程の間はローン若しくはキャッシングが使用できない情況になるのですが、これは致し方無いことでしょう。
あと定められた職種に就職出来ないという事があるでしょう。けれどこれも極特定の限られた範囲の職種なのです。
ですから債務超過で返金することができない借金を抱え込んでいるならば自己破産を行うと言うのも1つの手法です。自己破産を進めた場合今までの借金が全部なくなり、新しい人生をスタート出来るということでメリットの方がより大きいと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限として弁護士、税理士、司法書士、公認会計士などの資格は停止されます。私法上の資格制限とし保証人や後見人や遺言執行者にもなれないのです。また会社の取締役などにもなれないのです。しかしこれらのリスクはおおよそ関係がない時が多いのではないでしょうか。リスクは余り大きなものじゃない筈です。

関連ページの紹介です